適応障害とは

「適応障害」とは、精神疾患のうち、重度のストレス障害に分類されるものの一つです。

適応障害の原因は、ストレス因子。適応障害の症状としては主に情緒的な障害が挙げられますが、時には行為にまで障害が現れることもあります。この適応障害の症状は日常生活や社会生活の能力の低下を招き、仕事や学業に支障をきたすようになり、場合によっては就学や就労そのものが不可能になることも。

適応障害のストレス因子としては、失恋や仕事のトラブルなど、外的なものが挙げられます。とはいえ、これらの適応障害のストレス因子は、わたしたちが生きてゆく上ではよくあること。それゆえ、適応障害は「患者のストレスに対する弱さが発病の起因となっていることが多い」と指摘されています。

適応障害の有名な例としては、皇太子妃雅子さまの病状。このことがきっかけで、「適応障害」という名称が一般にも広まりました。

適応障害の治療

適応障害とは、ストレスによって日常生活や社会生活が困難になる、重度のストレス障害の一種です。

適応障害の治療のためには、まず原因となっているストレスを軽減すること。適応障害の患者を取り巻く環境を調整して、適応しやすいようにしたり、場合によってはしばらく休職・休学して、心的エネルギーを回復することが必要になってきます。

適応障害への別のアプローチとしては、心理療法。カウンセリングなどによって患者の情緒的な障害をしずめ、患者を取り巻く環境への適応のための援助をします。

適応障害に対して薬物の投与が必要なケースもあります。適応障害では多くの場合、情緒的な障害が生じ、抑うつ感や不安感などが伴うので、その場合は抗うつ薬や抗不安薬の投与を行います。

スポンサードリンク


超濃厚 宇治抹茶生チョコレート 20粒入≪ホワイトデーギフト特集≫§京都 宇治のお茶屋作挽き...

生活上の予防

生活上の注意・予防としては、新しい環境に適応するためには相応の心的エネルギーを使いますので、適度の休養をとったり、気分転換にこころがけたり、日頃からストレスをためないような生活を工夫をする必要があります。また、適切な相談相手をもって一人でくよくよ考えないことや、人といかにうまくつきあい、その中でいかに自己実現するかというソーシャルスキルを身につけることも大切です。